大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

日常の一般的な治療(根の治療)

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

当院は歯周病治療や口腔外科・インプラントなどを得意としていますが、通常の歯科診療ももちろん行っています。

日常よくある一般的な治療に「根管治療」があります。

根管治療というのはいわゆる、神経の治療・根の治療とよばれるものです。

t_00052221.jpg

奥から二番目第一大臼歯にフィステルがあります。

腫れており、膿が出ています。

(青矢印2か所)

 

 

 

t_0009000.jpg

術前レントゲン像です。神経の無い歯です。

大きなメタルコアが入っていますが、根管充填剤の不足が見られ、2本の根尖共に黒い影(根尖病巣)ができています。

この根尖病巣が原因だったようです。

 

 

t_0011224.jpgメタルコアを根が割れないように慎重に外し、感染根管処置を行い、根の管を消毒することによって、フィステルは消失しました。このため、根管充填という最終の薬を入れているところです。

この症例が根の治療に要した回数は3回です。

 

 

 

201203161928000.jpgのサムネール画像根管充填時のレントゲン撮影です。

根管充填後は薬の入り方を確認するため、小さいレントゲンを撮影する必要があります。

左寄りの根には薬が1本、右寄りの根には薬が2本しっかり入っているのが見えます。

(この写真はアナログで画像が悪く申し訳ありません)

 

 

このあと支台築造という土台建てをして、冠をかぶせていきます。 

 

根の治療には非常に予後の良くないものもあります。

何か月も続けても改善しないとか、被せてもまた外して何回も根の治療を繰り返している等です。

大体1ヶ月少々治療を続けても治癒しない場合、根が破折しているとか歯周病と関連しているなど考えられます。

根が割れている場合多くは抜歯せざるを得ませんし、歯周病の症状も併発していれば適切な歯肉の処置も行う必要があります。

 

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

iKB症例検討会

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

一昨日の夜は診療後山内歯科室へお邪魔し、スタディーグループの勉強会に参加してきました。

今回の演題は、

櫛山先生の仮歯のためにミニインプラントを使い、本体がインテグレーションするのを待った症例。

矯正専門医の高先生も今までで2例目という歯が骨性癒着していて動かない症例。

技工士岡本さんによる、全顎単冠によるセラミック審美修復と技工について。

山内先生によるインプラント周囲炎を治癒させるためのオペ症例。

20120328_2212379.jpgのサムネール画像 

櫛山先生と私

 

今回も非常に勉強になる会でした。

 

 

 

この後お決まりの懇親会でしたが、私は前日私用にて少し飲みすぎており翌日のこともあるので残念な思いで帰宅しました。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

診療時間変更のお知らせ

3月28日(水)は豊島区歯科医師会会務のため、診療時間を午後6時15分までとさせていただきます。

あらかじめ、ご了承ください。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯科における局所麻酔の話

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

先日のあぜりあ全協力医会で私は保険改正による在宅診療での注意点をお話ししましたが、目玉の講演がありました。

講師:あぜりあ歯科診療所 指導医 歯科麻酔専門医 北川尚先生

演題:麻酔時の循環動態の変化について

歯科治療やインプラントを含む口腔外科手術で最も多く用いられる局所麻酔薬としてリドカインという麻酔薬にエピネフリンを加えたものを使います。

なぜエピネフリンを混ぜるかというと、血管収縮作用により止血効果が得られるばかりでなく、麻酔の効きが長くなる(良く効く)というメリットがあります。

しかし、エピネフリンには副作用もあります。

末梢血管収縮作用するため、血圧の上昇をきたすことがある。心拍数の増加がみられることがあるなどです。麻酔をした直後少しドキドキするというのはこの副作用のせいもありますが、緊張のためでもあります。

一本に含まれる量はわずかですので、健康な方が通常の量を使用するのはほとんど問題ありません。しかし、有病高齢者の診療などにおいては注意が必要です。             

200911091126000.jpg

(当院においては心電図・血圧など測定できるモニターがありますので、有病高齢者の方でも安心して麻酔行う ことができます。)

 

北川先生が昨年あぜりあ歯科診療所において局所麻酔下で抜歯を行ったすべての症例について、血圧・心電図などモニターしながら4種の局所麻酔を使い分けたデーターを報告・考察していただきました。

73437654.jpg

非常に勉強になりました。北川先生ありがとうございました。

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

日記

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

昨晩は歯科医師会の先輩で、豊島区で開業して20年を区切りにパラオへ移住する先生の送別会がありました。

201203212211000.jpgのサムネール画像

許可を得るのを忘れたので、星印をしておきます。

先生は非常に矯正や審美歯科を得意としていたのでテクニックを教わりましたし、色々なところへお供させていただいたこともあります。

 

 

 

 

 

そして今朝は池袋保健所にて幼児の検診の「歯科相談」がありました。

豊島区の事業で、1歳半検診・3歳検診以外のお子さんたちの歯科検診と希望者にはフッ素塗布を行うものです。天気も良く、春休みシーズンのため48人ものお子さんが見えました。9時から11時までの持ち時間をフルに使いました。

検診に連れてこられる親御さんの意識は高いためか、ほとんど虫歯が無いのが印象的でした。

201203220126000.jpg 

そして今晩はあぜりあ歯科診療所の全協力医会があります。

 

資料は先ほどようやくできあがりました。

 

4月の保険改正について、訪問診療・介護保険を説明、診療上の注意を担当理事ですのでお話します。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

埋伏歯抜歯とインプラント手術について

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

インプラント手術を成功させる大前提として「安全な手術を行う」ということが大切です。

安全な手術とは何でしょうか?

・CTを撮影する。

・最新の道具をそろえる。

・勉強会などによく参加する。

などなど・・・

上の3つは必要なことで、間違ってはいません。

一番大事なことは「難しい手術を行える技術がある」ということです。

難しい手術とはインプラント難症例のことも含みますが、もっと高度で大掛かりな口腔外科手術のことをいいます。

私は日本大学歯科病院口腔外科に4年勤務しており、その際に一般歯科診療所などでは経験できないほどの手術を行うことができました。

最近マスコミでインプラント手術における事故などのネガティブ報道がなされていますが、失敗はともかく事故は口腔外科的知識・解剖学的知識があれば防げたのではないでしょうか?

口腔外科手術といってもあまりピンとこないかと思います。腫瘍の切除や顎変形症や骨折のプレート固定などのオペがあります。

口腔外科1年生や一般歯科医院での口腔外科手術には親知らずの水平埋伏歯の抜歯術があります。

少なくとも、インプラントを行う歯科医師はこの埋伏歯抜歯が上手にできる必要があるのではないでしょうか?

ここまで珍しく長文になりましたが、以下埋伏抜歯を写真で紹介します。

以下写真はクリックで拡大しますので、術中写真が苦手な人は押さないでください。

8_0003000.jpg 

レントゲン画像です。

矯正装置が親知らず以外に着いています

 

 

 

 

 

8_0004224.jpg 術前です。

おやしらずの歯冠部が少し見えています。

 

 

8_0005224.jpg 歯肉を切開して骨膜ごと剥離します。

 

 

8_0006224.jpg 歯冠を分割したところ。

歯髄(歯の神経)が見えています。

 

8_0007224.jpg 根も抜けました。抜歯完了です。

 

 

8_0008224.jpg 縫合しました。

 

 

8_0009224.jpg 抜いた歯です。

患者さんがまだ若年者であったため、周囲の骨は固くありませんでした。

そのため根が2本で湾曲していても折れることなく抜けました。

もちろん丁寧な抜歯操作をしないと根の先端は折れていたでしょう。

 

報道をみていると安全なインプラント手術を受けていただくために、歯科医院選びも大切になってきているようです。

口腔外科を得意とするドクターか歯周病専門医などを選択するのが良いのではないでしょうか。

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

前歯の歯周外科手術

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

歯周病治療は外科手術によって行うことがあります。

歯周外科には歯肉切除(Gエクト)や歯肉剥離掻把術(フラップオペ)などがあります。

今回は上顎前歯にフラップ手術を行った症例です。

66_0003209.jpgのサムネール画像 

外側に若干傾いてしまっている(唇側傾斜)左上の中切歯は青印のところのポケットが深いです。

 

 

 

 

 

 

 

66_0011209.jpg (術中画像はクリックで拡大します)

唇側傾斜のため骨吸収が大きいようです。

麻酔下に歯肉を切開剥離し、SRPでは取りきれなかった縁下歯石を除去し根面の滑沢化を行います。

 

66_0014209.jpgのサムネール画像 

縫合し手術を終了します。

 

 

 

 

 

 

 

原則的に歯周外科に先立ち、ブラッシング・歯石除去・SRPなどの歯周基本治療を行います。

そのうえで治癒しきれない部位に対して外科的治療が行われる場合があります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

診療時間変更のお知らせ

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

本日はインプラント手術などにより、最終受付を5時30分までとさせていただきます。

あらかじめ、ご了承ください。

CNV000009.jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真は大学病院口腔外科時代の手術室での全身麻酔オペの様子です。

当院のインプラント手術は通常通り診療室で行いますが、他の患者さんの予約を手術中はもちろん前後にも入れず手術に適した環境を作って行っています。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

復興元年

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

昨日3月11日は東日本大震災から1年が過ぎた日でした。

政府主催の追悼式をテレビで見ていました。天皇陛下のお言葉に胸を打たれました。

30512082241026080802.jpg 

奇跡の一本松は塩害によって根腐れをおこしてしまっているようです。

しかし、形を保存するべく関係機関は努力していただいているようです。

 

 

 

 

 

 

 

進行しないがれき処理や原発事故の問題など山積みですが、今日から復興元年・・・明るく美しい日本がもどってくることを日々祈り生活していきましょう。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

これから歯科医師会理事会

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

いつも豊島区歯科医師会理事会は午後3時からですが、今日は議題が少ないため、4時からなのでこれから診療室を早退します。

Dr廣田がいますので、診療時間の変更はありませんが、あらかじめご了承ください。

1842535657-thumb[1].jpg 

先日仙田先生の診療所にお邪魔したときの1枚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

2回法のインプラント手術

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

インプラント手術には2次オペの必要ない1回法と2次オペの必要な2回法があります。

1回法は2次手術の必要がないメリットがありますが、骨の条件が厳しかったり、審美的なものが求められる場合などは2回法となります。

4_0017236.jpgのサムネール画像 

歯肉を切開剥離しインプラントを埋入します

(一次手術)

 

 

 

 

4_0018236.jpgのサムネール画像 

一次手術時の縫合

 

 

 

 

 

4_0019236.jpgのサムネール画像

2次オペ術前

 

 

 

 

 

 

4_0021236.jpgのサムネール画像CO2レーザを用いて2次手術をしますので、傷は非常に小さいです。

麻酔は必要ですが、出血・痛みはほとんどありません。

 

 

 

 

使用するインプラント本体の種類や症例によって一回法・二回法を選びます。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ