大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

第28回 iKB勉強会

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

昨晩は山内先生のところでスタディーグループの勉強会がありましたので、参加してきました。

症例発表はインプラント3例、コーヌス義歯の長期経過1例と非常に濃いものでした。

また、矯正の高先生には患者さん対応の仕方という発表もありました。

そんな中、私は麻酔時や手術時における緊急対応と薬剤についての説明と静脈路確保のデモをしてきました。

20120523_2265000.jpg 

説明をしているところ

 

 

 

 

 

20120523_2265001.jpg 

仙田先生の腕で駆血帯を巻いて解説中

 

 

 

 

 

このあと、山内歯科室の栗原先生には私の腕を使い実際に点滴をしてみてもらいました。

学生実習のとき以来だったようで、緊張されていたようです。

20120523_2265002.jpg

終了後は楽しい懇親会です!

 

 

 

 

 

歯科治療は歯を削ることや歯石を取ることも外科的処置と変わりません。ましてや、麻酔の注射や抜歯やインプラントといった処置は外科手術そのものです。

ですから、我々歯科医師は容態急変時の処置を知らなければいけません。

(もちろん実際の患者さんで容態急変があったのは大学病院口腔外科のときだけで、外に出てからは無いのですが備えあればということで、今回のお話をさせていただきました)

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

御茶ノ水での飲み会

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

昨日は日本大学歯学部口腔外科医局の先生方とお会いしてきました。

医局には4年勤め、現在も非常勤ですので、時々このような機会があります。

201205172151001.jpgのサムネール画像

恩師の本田先生と私、土曜のDr廣田。

このほかにも大先輩の非常勤講師お二人と僕より若い医局員多数、6年生の学生もいて有意義な飲み会となりました。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

奥歯の2歯欠損セラミックブリッジ

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

欠損補綴にインプラントを採用するケースが増えていますが、もちろんブリッジで治療するケースもあります。

もともとブリッジがされていたが、被せの中に問題が生じて外したとかブリッジが壊れたなどの時再度ブリッジになります。

最近では骨粗鬆症の薬(BP製剤)の服用によって外科処置を控えるためブリッジにするケースもあります。

mbbr_0022236.jpg

ブリッジのセット前です。

手前の支台歯は神経の生きている生活歯

奥の支台歯は神経の無い失活歯です。

2歯欠損で2本の支台と荷重負担と言われそうですが、非常に歯周組織や根自体の状態が良く、長期に渡って予後が良さそうです。

 

 

 

 

 

 

mbbr_0021236.jpg 

メタルボンドという金属のフレームのあるセラミックブリッジをセットしました。

全面にセラミックを焼き付けるフルべークという作り方なので、金属は表から全く見えません。

連続2歯欠損ですので、オールセラミックより強度的に安心です。

 

 

 

 

 

 

当院ではしばしばインプラントを行いますが、必ずしも歯が無いからインプラントではありません。

患者さんのお口の中の状態やニーズや全身状態を考えながら様々な治療方針を提示させていただいています。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

休日応急歯科診療のご案内

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

当院も5月6日(日)まで4連休となります。

公益社団法人豊島区歯科医師会では休日応急歯科診療を行っております。

kyujitu.jpgのサムネール画像

急な痛みや不具合など応急処置を行います。(予約制・応急処置のみ)

受付時間は午前9時から11時30分、午後1時から4時30分となっております。

池袋保健所6階あぜりあ歯科診療所内(03-5985-5577)

詳しくはこちらのHPをご確認ください。

5月7日(月)から通常通り診療となります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ