大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

11月のスタディーグループiKB勉強会

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

今週火曜日の診療後、山内先生のところで行われている勉強会に参加してきました。

 

ダイレクトボンディングによる審美修復の症例

 

 

 

 

 

 

 

63872_355883587842041_440422065_n-1-thumb[1].jpg 

この日は8時から10時くらいまで勉強会、その後懇親会でしたので、お腹が空きました・・・

 

みんな大好きな塚田農場東池袋店で乾杯の写真です。

 

 

 

来月もよろしくお願いします。先生方、来月は忘年会ですか?

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周疾患検診は今月いっぱいです。

歯周病は万病のもとです。

豊島区歯周疾患検診は11月30日までとなっております。

今年から豊島区歯科医師会と歯科医師連盟の区行政へのはたらきかけにより、対象年齢の拡大・無料化のため、受診者が増えております。

よって、月末には混み合う可能性がありますので、お早めにご予約ください。

dsfnmdcfkj.jpg

この張り紙のしてある歯科医院のみ受診可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成24年度豊島区歯周疾患検診
歯周疾患等を早期に発見し、快適な食生活を送っていただくため、歯の健康診査を行ないます。
対象のかたには事前に受診券が豊島区より送付されます。


○対象者
平成25年3月31日現在、40歳・50歳・60歳・70歳・75歳・80歳の豊島区民のかた
○実施期間
平成24年9月1日から11月30日 まで
○内容
口腔内診査(歯の状態の確認)
歯肉の状況診査(歯周疾患指数の測定)
口腔衛生指導(歯みがき指導)
義歯の検査
○実施内容
対象者全員に豊島区から受診券が送付されます。
受診券を持って、直接区内の指定医療機関で受診してください。(予約制)
○費用
無料

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

明日は「としま健康長寿2012」です!

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

img043.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月10日(土)豊島公会堂にて14時から8020達成の方の表彰式、15時から三遊亭好楽師匠の記念講演となっております。

入場は無料です。 お時間のある方はどうぞご参加ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周病は年齢に関わらず発生します

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

o_0002225.jpg

年齢30代の方の初診時です。

歯の裏側に歯石が多く付着しています。

 

 

 

 

 

 

 

o_0003225.jpg 

プロービング(歯周ポケットの検査)を行うと、歯肉の炎症が強いため、ポケットからの出血が多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

いわゆるクリーニングは表面に見えている歯石の除去です。(歯肉縁上の歯石除去)

クリーニングだけですと、歯周病治療には不足しています。

このような歯周病の治療にはポケット内の歯石除去とブラッシング指導が必要です。(SRPとTBI)

o_0013236.jpg 

歯周病治療を行いました。

写真は数カ月後、メンテナンス時のものです。

非常に綺麗になっており、再度スケーリングしましたが、その際の出血もほとんどありません。

 

 

 

 

 

歯ぐきから血が出る。浮いた感じがする。しみる。口のなかが粘つく。口臭が気になる。

などは歯周病の症状ですので、治療が必要です。

また、歯科医院で歯石を取っても歯周病が治らないというのは、歯肉縁下の処置と適切なブラシ当てが必要ですので、当院へご相談ください。

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

睡眠時無呼吸症候群について

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

10月30日は豊島区歯科医師会館にて、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の勉強会がありましたので参加してきました。

149821_548597661834041_1350970808_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師は日本大学板橋病院准教授の小宮先生でした。

SASの症状や程度によって治療法が様々です。

医科単独の治療ですと、経鼻持続気圧陽圧療法(nCPAP)を用いるのが最近では一般的です。

耳鼻科や睡眠外来などとの連携で歯科で治療を行う場合があります。

マウスピース(ORAP)を作成し、下顎を前方に移動した状態に固定できるようにします。これによって、気道の狭窄を防ぐことができます。

当院でもORAPの作成は可能ですが、保険診療で作成する場合は医科からの作成依頼について記入してある紹介状の持参が必要となります。

sadjgfkas.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、この日の晩は新旧豊島区歯科医師会理事の慰労会でした。

お疲れ様の花をいただきました。先生方ありがとうございました。

慰労会ではすき焼きをごちそうになりました。ご飯好きですので、すき焼き丼にして喜んでいます!

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ