大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

年末年始休診のおしらせ

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

548765_223745357760044_763675589_n.jpg

12/29(土)から1/4(金)まで休診とさせていただきます。

あらかじめご了承ください。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

27日(木)診療を行います

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

いよいよ年末ですね。

さて、28日(金)は大掃除を行うため、診療受付を午後4時までとさせていただきます。

このため、28(木)は診療を行います。

忘年会も続いております。

 

65048_366307726799627_405065188_n.jpgのサムネール画像 

スタディーグループiKBの忘年会

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0398.jpgのサムネール画像 

豊島区歯科医師連盟の忘年会には小池百合子衆議院議員にもお越しいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の忘年会もこれから予定しております。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

かみ合わせを安定させるためにもインプラント

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

1652_0014000.jpg

 

 

このX線画像のように、下顎第二大臼歯が欠損していても、その手前の第一大臼歯がしっかり噛める状態ですので、あまり問題は感じないかもしれません。

しかしこの欠損をそのまま放置していると、対合する上顎第二大臼歯が挺出といって下の歯のないところに伸びてきてしまいます。

そのようになるとかみ合わせの崩れが始まってしまいます。

 

 

 

 

 

 

今よりインプラント治療が一般的になる前は、遠心カンチレバーブリッジという後ろにダミーを延長するという治療がしばしば行われていました。

しかしそのような無理な設計のブリッジはご自身の歯に過剰な負担をかけるし、清掃性も悪いため、ブリッジを架けた歯の寿命を縮めてしまうのが常でした。(当院では遠心カンチレバーブリッジは行いません)

1652_0019000.jpg

 

そこで、このようにインプラントを行うことですべての問題を解決することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん当院でもブリッジによる治療を選択する場合がありますが、今回のようにインプラントが第一選択となるケースが多数あります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

オールセラミックによる治療 e-MAXアンレー

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

歯の一部に詰めるものをインレー、歯の一部に被せるものをアンレーといいます。

ちなみに歯の一部ではなく全周に被せるものをクラウンといいます。

アンレーやインレーはハイブリッドセラミックで行う場合が多いですが、より審美的に仕上げる場合や、大臼歯などで強度が必要な場合オールセラミックで行うケースがあります。

max_0021222.jpg 

術前写真

コンポジットレジンという樹脂が詰めてあります

 

 

 

 

 

 

max_0022224.jpg 

術後写真

e-maxにて修復しました。

 

 

 

 

 

 

奥歯の治療はe-maxというオールセラミックを使用してこのように長期に安定した審美的治療が可能です。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ