あぜりあ歯科診療所協力医会 - 大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

  • Top>
  • ブログ>
  • 日記(94)>
  • 2013年03月18日
    • あぜりあ歯科診療所協力医会

      豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

      豊島区歯科医師会では、あぜりあ歯科診療所を運営しており、障害者歯科診療、在宅歯科訪問診療、老人福祉施設診療を行っています。

      これらの診療には「あぜりあ」の常勤歯科医師の他に我々会員の中から協力医が選ばれております。

      この地域における障害者・有病者歯科診療と訪問診療・施設診療を豊島区歯科医師会及び「あぜりあ」が全国に先駆けシステム構築をしたため、豊島区歯科医師会が医療系で初の公益社団法人に認定され、今や全国区の「あぜりあ」には日本中のみならず、台湾などからも歯科関係者の見学があるほどです。

      さて、本題に戻ります。この協力医に私も選ばれているために、先週は協力医会に参加してきました。

      障害者や有病高齢者や訪問診療には通常の診療以上の様々なリスクがあります。

      DSC_0494.jpg

       

      講師は

      あぜりあ歯科診療所指導医

      元橋功典先生

       

       

       

      糖尿病や高血圧などの全身疾患のある場合に患者さんが服用されている薬についての他、局所麻酔上の注意点についてです。

      簡単に言うと薬の飲み合わせと麻酔についていうことですが、我々歯科医師は歯の治療のみならず、全身疾患などについても理解をしていないといけません。

      この点は私のように口腔外科経験者や障害者診療経験者は強いと言えます。

      1363260760252.jpg

      歯肉増殖症の症例のスライドもありました。

      高血圧治療やてんかん治療で用いられる薬で歯肉炎が進行する副作用があるのは、我々歯科医師のほとんどが知っております。

       

       

       

      治療には全身疾患を考慮の上内科の先生と相談しながら、専門的歯周病治療が必要で、当院でも対応が可能です。

       

      訪問診療(往診)は当院でも受付いたしますので、近隣の方はご相談ください。

      大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

      第36回iKB症例発表会  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  3月の勉強会

      ページのトップへ

      同じカテゴリの記事

      ページのトップへ