大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

ブラックマージンの治療

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

t_00012091.jpg

 

被せ物が合わなくてきになるとのことで、治療を行います。

このように前歯の冠(クラウン)の根元に見える黒ずみをブラックマージンと言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックマージンは歯周治療の不備や冠装着後のかなりの経年により生じます。

保険適応のレジン前装冠や昔のメタルボンドクラウンは歯肉退縮によって、白い部分と金属の境目が見え、このようなブラックマージンを生じます。

またメタルコア(金属の土台)が装着されている場合、その根面が露出することにより、金属色が根を透け暗く見えることがあります。

t_00192351.jpg

 

適切な歯周病治療を行ったのち、セラミッククラウンを装着しました。

歯ぐきの状態を整えておくことで、より審美的な治療を行うことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セラミックは適度な硬さをもち、表面性状が滑らかなためプラークも付きにくい優れた材料です。

そのうえ、色や形など自由に付加することができるすぐれものです。

古い被せや、保険適応の前装冠などによる審美障害がありましたらご相談ください。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

オールセラミックによる治療 e-MAXアンレー

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

歯の一部に詰めるものをインレー、歯の一部に被せるものをアンレーといいます。

ちなみに歯の一部ではなく全周に被せるものをクラウンといいます。

アンレーやインレーはハイブリッドセラミックで行う場合が多いですが、より審美的に仕上げる場合や、大臼歯などで強度が必要な場合オールセラミックで行うケースがあります。

max_0021222.jpg 

術前写真

コンポジットレジンという樹脂が詰めてあります

 

 

 

 

 

 

max_0022224.jpg 

術後写真

e-maxにて修復しました。

 

 

 

 

 

 

奥歯の治療はe-maxというオールセラミックを使用してこのように長期に安定した審美的治療が可能です。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

ホームホワイトニング

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

ホームホワイトニングにてお手軽に歯を白くすることができます。

img044.jpg

 

術前

 

 

 

 

 

img045.jpg

 

術後

 

 

 

 

 

ホワイトニングは保険適応外の自由診療になりますが、歯を削らずに自然な白さにすることができ、おすすめです。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

ハイブリッドセラミックインレー

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

inre_0011212.jpg

 

歯と歯の間に大きな虫歯があります

 

 

 

 

 

inre_0020213.jpg

 

こういうケースでは左の写真のような、金属インレーが用いられる場合が多いです。

 

 

 

inre_0012213.jpg

 

虫歯の部分を丁寧に取り除いていきます。

取り残し、取り過ぎのないように処置を行います。

 

 

 

 

inre_0014213.jpg

ハイブリッドセラミックという材料を用いて、白い詰め物を作りました。

 

 

 

 

inre_0016213.jpg

接着性レジンセメントを用いて装着しました。

綺麗に治りました。

 

 

 

 

 

ハイブリッドセラミックを用いた修復は審美的であり、金属アレルギーにお悩みの方にもおすすめな治療法です。

お口の中の銀歯が気になる場合、ご相談ください。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

奥歯の2歯欠損セラミックブリッジ

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

欠損補綴にインプラントを採用するケースが増えていますが、もちろんブリッジで治療するケースもあります。

もともとブリッジがされていたが、被せの中に問題が生じて外したとかブリッジが壊れたなどの時再度ブリッジになります。

最近では骨粗鬆症の薬(BP製剤)の服用によって外科処置を控えるためブリッジにするケースもあります。

mbbr_0022236.jpg

ブリッジのセット前です。

手前の支台歯は神経の生きている生活歯

奥の支台歯は神経の無い失活歯です。

2歯欠損で2本の支台と荷重負担と言われそうですが、非常に歯周組織や根自体の状態が良く、長期に渡って予後が良さそうです。

 

 

 

 

 

 

mbbr_0021236.jpg 

メタルボンドという金属のフレームのあるセラミックブリッジをセットしました。

全面にセラミックを焼き付けるフルべークという作り方なので、金属は表から全く見えません。

連続2歯欠損ですので、オールセラミックより強度的に安心です。

 

 

 

 

 

 

当院ではしばしばインプラントを行いますが、必ずしも歯が無いからインプラントではありません。

患者さんのお口の中の状態やニーズや全身状態を考えながら様々な治療方針を提示させていただいています。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

ホームホワイトニング

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

当院では歯を白くしたいというご希望の方にホームホワイトニングをお勧めしております。

歯の色の基準はセラミック治療などに用いるVITAシェードガイドを用います。

 

shade_vita.jpg

色見本のシェードガイドです。

 

 

 

 

VITAシェードにはAからDまでの色のタイプと明るさに分かれています。

Aタイプ:赤茶色 A1・A2・A3・A3.5・A4
Bタイプ:赤黄色 B1・B2・B3・B4
Cタイプ:灰色  C1・C2・C3・C4
Dタイプ:赤灰色 D2・D3・D4        (数字が大きい方が色が濃い)

我々日本人はA3やA3.5が多いです。

ホワイトニングの効果を見るときはタイプ順に並んでいる通常のシェードガイドを、以下のように明度順に置き換えて使います。

明るい順に、B1 A1 B2 D2 A2 C1 C2 D3 A3 D4 B3 A3.5 B4 C3 A4 C4

PICT0039.JPG 

ホワイトニング前

シェードはA3.5です。

 

 

 

 

 

 

PICT0060.JPG 

ホワイトニング後

B2になりました。

 

 

 

 

 

 

今回のケースでは通常より少し長めに使用していただき、9シェードほどの改善がありました。

通常の10日前後でも、5シェードくらい改善します。

シェードのあともどりは徐々に起こりますので、時々タッチアップといって1から2週間に1回おきにホームホワイトニングをしていただくと白さの維持が可能です。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

セラミック症例 メタルボンド

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント治療、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

 

さて、下の写真でセラミックで被せている歯はどれでしょう?

PICT0105.JPGのサムネール画像 

今回は金属を使うメタルボンドというセラミック冠で治療を行いました。

メタルボンドはセラモメタルクラウンとも言います。 

 

 

 

PICT0104.JPGのサムネール画像 左の画像が答えです。

クリックすると拡大します。

 

オールセラミックでなくても、歯肉のマネージメントを確実に行い、ポーセレンマージン(カラーレス)などのテクニックを使い作成すると、ブラックマージンの心配の少ない美しい仕上がりになります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

セラミック症例 オールセラミック

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント治療、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

 

201107011520000.jpgのサムネール画像 

歯科技工士さんに作成してもらい、届いたところです。

 

 

 

 

 

 

24202.jpg 

口腔内にセットしました。

セットしてすぐの写真ですので、今後歯肉がクリーピングしてきて、より審美的になるでしょう。

 

 

 

 

  

セラミックを用いた冠は保険治療で使われる樹脂に比べ見た目に美しいだけでなく、強度にも優れており、表面が非常に滑らかな状態が続きます。このため、プラークが付きにくいというメリットもあります。

また、保険で入る前歯はレジン前装冠といってブラックマージンが生じやすいものですが、このようなセラミック冠ですとその心配は皆無です。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

ブラックマージンの治療

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

保険で行うレジン前装冠や保険外で行うメタルボンド(セラモメタルクラウン)を装着して年数が経つと、歯茎の痩せなどによって中の地金の部分が見え根元が黒っぽくなることがあります。

これをブラックマージンと言います。

kk_0014214.jpg 

 治療前の画像です。

手前の第一大臼歯とのシェード(色合い)もあっているとは言えません。

 

第二小臼歯と第一大臼歯のメタルボンドの再治療を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kk_0016233.jpg

 

治療後の写真です。

シェードも前後そろえることができました。

 

このような審美歯科治療と併せて歯周治療をうまく入れていくと、より良好な治療結果がえられます。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

奥歯もセラミックで美しく

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

奥歯(小臼歯・大臼歯)のセラミック治療のうち特に第一大臼歯について画像と共に見て頂きます。

今回はメタルボンド(セラモメタルクラウン)を使って治療をしています。

すべての画像をクリックすると大きく見ることができます。

0108_1.jpg右写真:術前 

左写真:赤印と青印はすでにメタルボンドを新しく治療しました。黄色の古いセラミックは除去し、根管治療を行います。

 

 

 

 

右写真の青印の歯の根元にはレジンという樹脂で補修してあります。冠のマージンが合わなくなって根元が黒く見えるブラックマージンがあったための応急処置と思われます。

 

 

 

 

0108_3.jpg 左:メタルコア除去

 右:ファイバーポストを用いて土台を作ります。支台築造といいます。

 

 

 

 

ファイバーポストを使うメリットは金属を使わないことで折れやすい失活歯(神経の無い歯)ですが、歯根破折のリスクを減らせることやオールセラミックなどの審美治療で美しい色を出しやすいということなどあります。金属アレルギーの心配もありません。

 

 

 

 

0108_5.jpg すでに赤印と青印の小臼歯2本はメタルボンドを新しくしてありますが、黄色印の大臼歯にもきれいに新しく入りました。

 

 

 

 

前歯だけでなく、奥歯もきれいに仕上げることでより自身の持てる口元になります。

より素敵な笑顔になれることでしょう。

セラミック治療はアンチエイジングの一つと考えます。

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

隣接面の見えるところ

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

臼歯部で隣接面に虫歯ができるとしばしばインレーという詰め物を作って修復します。

隣接面とは歯と歯の間のことです。

0_0015234.jpg 

削っている後方の歯は金属によるインレーが使われています。

今回の部位は金属が見えるのを防ぐため、ハイブリッドセラミックのインレーを作りました。

 

 

 

0_0016234.jpg

ハイブリッドセラミックは金属に比べて審美性に優れるばかりでなく、金属のように硬すぎることがないため、対合歯や修復した歯にダメージを与え難いというメリットもあります。 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

ハイブリッドセラミック インレー

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

 

歯と歯の間の修復やある程度の大きな虫歯を詰めるにはインレーという詰め物を使います。

保険治療などでよく金属のインレーが用いられています。

00000_0003230.jpgのサムネール画像

00000_0005230.jpgのサムネール画像

     →

     →

     →

     →

     →

     →

     →

     →

     

 

 

                          

ハイブリッドセラミックという材料にてインレーを作りました。

審美性に優れているのはもちろんのこと、

インレーが硬すぎず周囲の歯や対合の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。

保険材料の金属(金銀パラジウム合金)は歯科で使う金属の中でかなり硬い部類になります。

詰め物や被せ物が硬すぎることのデメリットもあります。                                             

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

ハイブリッドセラミック インレー

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

 

糸切り歯(犬歯)の後ろは金属の詰め物でコンタクト(歯と歯の間)を治療すると金属が見えることが多くあります。

ハイブリッドセラミックという材料にてインレーを作りました。

審美性に優れているのはもちろんのこと、

インレーが硬すぎず周囲の歯や対合の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。

保険材料の金属(金銀パラジウム合金)は歯科で使う金属の中でかなり硬い部類になります。

詰め物や被せ物が硬すぎることのデメリットもあります。 

 

虫歯を除去して型を取る前

_0006216.jpg

セット時

_0010216.jpg

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

オールセラミックによる治療

alls1.jpg

 

術前

歯肉の退縮により被せ物の付け根が黒く見えてしまっています。(ブラックマージン)

また、切端のポーセレンが破折してここもメタルが見えてしまっています。

 

 

 

 

 

alls4.jpg

 

今回はオールセラミックの被せ物で治療しますので、ファイバーポスト(ファイバーコア)による支台築造をします。

ファイバーポストは歯根破折も生じにくい優れた材料です。

 

 

 

 

alls2.jpg

 

術後

オールセラミックの被せ物の利点は全く金属を使いません。

歯肉から金属の色が透けることがありませんし、万が一歯肉が退縮してきてもブラックマージンとなりません。

また、金属アレルギーの心配が全く無いことも優れているところです。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

ハイブリッドセラミック 〈アンレー〉

ハイブリッドセラミックを用いた治療についてご紹介します。

今回はアンレー(咬頭被覆冠)です。

奥歯の溝の部分のみ詰めるのではなく、奥歯の咬頭(山の部分)まで被せるタイプです。

 

術前 mae_0017214.jpg

術後 go_0018214.jpg

ハイブリッドセラミックの利点は金属に比べ見た目に優れているばかりではなく、硬すぎないので周囲の歯や噛みあう歯を痛めることがない、金属アレルギーの心配が無いなどあります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

美しいセラミック治療 アンチエイジング編

写真1 uk_0017212.jpgのサムネール画像

 

写真2 mb_0018201.jpg

 

写真1は保険治療の樹脂の前装冠や金属冠で虫歯治療されています。

写真2はセラミックによる被せものです。(写っている歯6本すべてです)

 

どちらが若々しく見えますか?

実は写真1は30歳台前半女性、写真2は50歳代女性のものなのです。

 

セラミックによる治療は健康保険の適応外となりますが、被せ物の美しさやプラークの付き難さに非常に優れています。

適切な歯周病治療で歯肉の健康を取り戻すと、被せ物もより綺麗に入ります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

オールセラミックの土台

オールセラミックに使う土台(芯棒)はファイバーコアを使います。ファイバーポストともいいます。

金属のように硬すぎないことと接着システムによって、歯根破折のリスクを軽減できます。

als2.jpg

 

コアセット前

 

 

 

 

als3.jpg

 

接着性レジンセメントで装着

 

 

 

als4.jpg

 

コアの周りを削り形成します。

型取りは仮歯を入れさらに周囲歯肉が落ち着いたら行います。

 

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ