大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

虫歯治療 コンポジットレジン

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント治療、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

当院は歯周病治療、インプラント治療、審美歯科治療、口腔外科手術のみならず、通常の虫歯治療も行っています。

虫歯がそれほど深くなく、咬合面(奥歯の噛むところ)の症例は簡単にコンポジットレジン修復(CR充填)という治療で対処可能です。

03_0001214.jpgのサムネール画像                               

03_0013214.jpgのサムネール画像(赤矢印)術前                         (青矢印)術後

今回の症例は保険診療です。

このような治療は歯に樹脂を接着させるため、接着治療とも言われます。

接着療法が進化してくる前はアマルガムという水銀を含む金属を充填することが多かったようです。

アマルガムは学生時代の実習ではありましたが、患者さんに治療をしたことは私はありません。

このアマルガムを外してコンポジットレジンに詰め替える治療もアンチエイジングの一部と言えるでしょう。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

表面には見えない虫歯

1_0008205.jpg

2_0009205.jpg

写真真ん中の歯は一見すると虫歯は無さそうです。しみるなどの痛みがあるようです。

x_0007000.jpg

 

 

レントゲン撮影をすると、歯の中に大きな黒い影が写っています。

これが虫歯です。

 

 

 

 

 

3_0010205.jpg 4_0012205.jpg

上の写真2枚は少し削ったところです。中の大きい虫歯が確認できるとおもいます。

 ↓ 痛みがあったのと、神経に達する虫歯でしたので神経は取ることとなりました。

5_0013205.jpgのサムネール画像 

 

歯の神経には一緒に血液が流れていて、栄養供給がされています。このため神経を取った歯は枯れ木のようにもろくなり割れてしまったり、歯周病の急激な進行もまれに起こります。

できるだけ神経は温存できると良いですが、凍み方痛みが強かったり、虫歯が深いと温存できません。

 

虫歯も歯周病も早期発見・早期治療そして予防が大切です。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ