大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

舌先端のできもの

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。


下の前歯に叢生(重なって生えている状態)があったりすると舌に傷がつき、舌先端に線維種や乳頭腫を生じやすくなります。
3028_0001236.jpg

術前 1


















3028_0002236.jpg


術前 2

















3028_0004236.jpg

術後はこのようなレーザーによるカサブタになります。

術中の出血はほとんどありません。
















3028_0006236.jpg

痛みはほとんど無く術後10日位経過しました。

傷痕はほとんどわかりません。
















このくらいの大きさのものはレーザーで処置が可能です。
初診時の切除も可能です。(予約は必ずお願いします)

お口の中のきになるできものはお早目にご相談ください。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

CO2レーザーはお互い楽です

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

当院では軟組織の線維種、乳頭腫といった良性腫瘍の切除を行いますが、その多くにCo2レーザーを使っています。

maru_0001235.jpg

 

舌の先端にできた直径4ミリほどの線維種

 

 

 

 

 

 

 

 

 

maru_0002235.jpg

 

術直後

出血もほとんど無く、術者(私)も楽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

maru_0003235.jpg

 

術後約10日です

患者さんにとっても痛みは少ししみることがあるくらいでほとんど痛み止めは必要無く、治りも早いです。

糸で縫っていませんので、抜糸までの違和感もありませんのでまたまた楽ですね。

 

 

 

 

 

 

 

1センチ以上の腫瘍になってくると当院では困難な場合があります。

悪性の疑いがあるものは総合病院口腔外科・歯科病院口腔外科の受診となります。

また良性のものでも血管腫は適応外です。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯肉の腫瘤、エプーリスの治療

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

歯肉の炎症のなかで、良性の線維性組織の増殖あるいは肉芽腫状のものをエプーリスといいます。

e_0012203.jpg

 

犬歯と第一小臼歯の間の歯肉にエプーリスがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

e_0013203.jpg

 

浸潤麻酔の後、CO2レーザーにて切除しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

e_0017203.jpg

 

術後10日の写真です。

綺麗に治癒しています。もう歯間ブラシを使用しても問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

術直後の写真は痛そうに見えますが、Co2レーザーを使用してこのような処置をした場合それほどの痛みはありません。

歯周病・口腔粘膜疾患などでお困りの際は当院へご相談ください。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

唇から頬にかけての良性腫瘍症例

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント治療、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

線維種や乳頭腫のような良性腫瘍は舌にできることが多いですが、今回は口唇の裏側付近の頬粘膜にできたものです。当院ではco2レーザーで切除します。

8_0014236.jpg 

大きさは1センチ強と少し大き目です。

CO2レーザーを使うことによって痛み少なく、治癒も早い処置が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8_0016236.jpg 

メスで切開して糸で縫うという旧式の術式ですと、この部位では口の開け閉めで突っ張る感じがでるでしょう。

この術直後写真は一見痛そうですが、全く出血無く、上手くレーザーを使うことによって人工的なかさぶたのようなもので、傷を保護することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

8_0020234.jpg 

術後1週間です。

よくみるとわずかに傷跡があるのがわかるでしょうか?

 

病理組織検査の結果、線維種でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Co2レーザーを用いることによって良性腫瘍は簡単に切除することが可能です。

お口の中の気になる「できもの」がありましたら、ご相談ください。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

良性腫瘍(1センチ位)の症例

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント治療、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

このブログでも舌にできる良性腫瘍の切除について何回かご紹介しましたが、今回は約1センチほどに腫瘍が大きくなった症例です。

このくらいの大きさでもレーザーによる切除できます。

9_0004235.jpg 

術前の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9_0005235.jpg 

切除直後の画像。

わずかに出血があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9_0006235.jpg 

摘出物は病理組織検査に回します。

(顕微鏡で組織・細胞を見ます)

 

 

 

 

 

 

9_0007235.jpg 

翌日

大きなアフタ性口内炎のようですが、患者さんは全く痛みを訴えていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9_0009236.jpg 

1週間後

全く跡がわかりません。

 

「口の中が広くなって楽になった」

「こんなに簡単ならもっと早く取っておけばよかった」

とのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

201101171023000.jpg

今回の病理組織顕微鏡像です。

このようにして、細胞と組織の状態を確認します。

この検査によって万が一悪性であった場合その見落としを防ぐことができます。

 

 

 

 

病理組織検査は切片を作り、特殊な染色を行う必要があるため、当院では日本大学歯学部病理学講座に依頼しております。

検査報告書とともにこのように顕微鏡写真が送られてきます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

舌先端にできた良性腫瘍

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

 

舌や頬粘膜にできる良性腫瘍のほとんどが、乳頭腫または線維腫です。

今回CO2レーザーを用いて舌尖にできた良性腫瘍を切除しました。

レーザーは非常に痛みが少なく粘膜や歯肉を切開することのできるすぐれものですが、今回のようなケースは麻酔が少し必要です。

 

写真1 術前

sen11.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真2 術直後                                            

sen12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真3 摘出物             

sen13.jpg 

 

 

 

 

 

写真4 術後5日目                                       

sen14.jpg

赤い矢印のようにわずかに跡がありますが、

さらに目立たなくなってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

処置当日念のため鎮痛剤を処方いたしましたが、全く使うような痛みもなかったそうです。

舌先端の一番敏感なところですが、術後違和感もありません。

CO2レーザーを使っていますので、術後出血も全くありませんし、糸で縫う必要もありません。しかも数日で綺麗に治ってきています。

 

今回は小さい腫瘍でしたが、当院では大豆大から拇指頭大くらいまでのやや大きい良性腫瘍でしたら同様の術式で対応可能と考えます。(部位によります)

 

大豆大くらいの舌の線維腫を切除したあと、患者さんから「口の中が広くなったみたいだ!」と言われたことがあります。

長年気になっている「できもの」がありましたら、ご相談ください。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

舌のいぼ

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

舌にできる良性腫瘍に線維腫、乳頭腫といったものがあります。

線維腫と乳頭腫には若干の形の違いはありますが、良性腫瘍で切除によって治療することは変わりません。

ss_0013235.jpg術前です。今回はCo2レーザーを用いて切除します。

ss_0014235.jpg麻酔下にレーザーで切除すると出血はほとんどありません。

ss_0015235.jpg摘出物です。レーザーで黒くなっている部分があります。

ss_0016235.jpg翌日です。

糸で縫う必要もなく、早く綺麗になるのがレーザーの利点です。術後の痛みもほとんどありません。

 

良性腫瘍は歯などに鋭利な部分があるなどで、刺激によって生じることがあります。

刺激の除去(場合によっては歯の治療)が必要な場合もありますが、自然治癒することは無いので大きくなりすぎないうちに治療が必要です。まれに良性腫瘍が悪性化することもあります。

今回のような大きさですと出血の少ないレーザーを用いて縫うことなく切除できますので、気になる「できもの」がありましたらご相談ください。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

線維腫をレーザーで切除

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

 

下顎総義歯使用の方です。

義歯の辺縁の不適合により、義歯性線維腫ができてしまっています。

新しく義歯を作りたいのですが、この義歯性線維腫が型取りの邪魔をしてしまいます。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)を用いて、線維腫の切除をしました。

術前                                                                                  増殖してささくれのような線維腫

6_0006236.jpg 6_0007236.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切除直後蒸散                               術後1週間

6_0011236.jpg 6_0014236.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CO2レーザーを用いて良性腫瘍の切除をした場合、

出血がほとんど無い・糸で縫う必要が無い・治癒が早い・術後の痛みが少ない

などのメリットがあります。

続きを読む: 線維腫をレーザーで切除

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

永久歯萌出遅延

右上2番目の永久歯がなかなか生えてこないということで、レーザーを用いて治療しました。

レントゲンにて右上の乳犬歯によりスペース不足が起こっていると診断しました。

右上乳犬歯を抜歯して、生えてこない右上2部の歯肉をレーザーにて開窓しました。

術前 mky_0003203.jpg

術後 mky_0004202.jpgのサムネール画像

 

乳歯が抜けてから半年から1年程経過しても永久歯が出てこない場合、開窓して萌出しやすくしてあげると良いでしょう。

このときCO2レーザーを用いると術中の出血と術後の痛みを少なくできます。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周病急性発作 レーザーにて消炎

一番奥の歯とその手前の歯の間の歯肉が腫れ、膿(うみ)が出ています。

p91.jpg

 

歯周ポケット内と腫れている部分にレーザーを照射します。

「おでき」をつぶすように膿も出します。

p92.jpg

歯肉が黒くなっているのはレーザーで作った人工的なかさぶたのようなものです。

 

術後4日の写真です。

p93.jpg

歯の間の歯肉はまだ少し赤みが残っていますが、腫れは小さくなりました。当院にあるCO2レーザーの出力を調整しながらですとこのような処置が無麻酔で行えます。

 

急性症状が改善されたこれから本格的な歯周病治療を行います。

具体的にはポケット内の歯石除去とブラシ当てですがこの症例ではかなりポケットが深いのでフラップ手術と、被せ物の適合不良もありますので、歯肉が治癒したあと被せ換えも行います。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ