大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

横を向いたおやしらずが腫れた

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

横を向いて出てきた親知らずは手前の歯との間に汚れが溜まりやすく、虫歯になったり、炎症を起こして腫れたりすることがあります。

今回のケースでも度々腫れていたようですが、少し経つと腫れは落ち着くため、抜かずに様子をみていたようです。

しかし、腫れを繰り返しているうちに、急性炎症が強くなり当院へ来院されました。

oya_0001000.jpg

症例は左下8番です。

炎症を繰り返していたため、周囲の骨吸収が生じています。(青矢印)

この吸収してしまったところは、不良肉芽(いわゆる、おできの芯のようなもの)が形成されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

oya_0002224.jpgのサムネール画像

痛みや腫れを繰り返すのはこのおやしらずが原因ですから、急性炎症が引いた後抜歯を行いました。

術中の写真です。歯冠分割をしたところです。

(画像はクリックで拡大します)

 

oya_0003224.jpg

抜いた歯です。

分割してある歯冠部分が真っ黒になっています。

これは虫歯ではなく、歯石です。

これだけ汚れが溜まってしまっていては感染し、炎症症状(腫れ・痛み)を生じますね。

 

 

 

 

 

親知らずで難抜歯となる場合、どうしても術後の腫れ・痛みなどが生じます。しかし、このような親知らずを残しておくことにより、炎症を繰り返します。

時には、症状が口が開きにくくなる開口障害や飲み込むとき痛い嚥下痛や発熱までなることもあります。

術後数日は少し辛いですが、キズが治癒してくるとスッキリしてきてくるはずです。

お仕事の忙しい男性は、仕事のスケジュールが楽なうちに・・・

妊娠出産前の女性は、抜けるうちに早めに・・・

抜歯しておくことをお勧めします。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

埋伏歯抜歯とインプラント手術について

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

インプラント手術を成功させる大前提として「安全な手術を行う」ということが大切です。

安全な手術とは何でしょうか?

・CTを撮影する。

・最新の道具をそろえる。

・勉強会などによく参加する。

などなど・・・

上の3つは必要なことで、間違ってはいません。

一番大事なことは「難しい手術を行える技術がある」ということです。

難しい手術とはインプラント難症例のことも含みますが、もっと高度で大掛かりな口腔外科手術のことをいいます。

私は日本大学歯科病院口腔外科に4年勤務しており、その際に一般歯科診療所などでは経験できないほどの手術を行うことができました。

最近マスコミでインプラント手術における事故などのネガティブ報道がなされていますが、失敗はともかく事故は口腔外科的知識・解剖学的知識があれば防げたのではないでしょうか?

口腔外科手術といってもあまりピンとこないかと思います。腫瘍の切除や顎変形症や骨折のプレート固定などのオペがあります。

口腔外科1年生や一般歯科医院での口腔外科手術には親知らずの水平埋伏歯の抜歯術があります。

少なくとも、インプラントを行う歯科医師はこの埋伏歯抜歯が上手にできる必要があるのではないでしょうか?

ここまで珍しく長文になりましたが、以下埋伏抜歯を写真で紹介します。

以下写真はクリックで拡大しますので、術中写真が苦手な人は押さないでください。

8_0003000.jpg 

レントゲン画像です。

矯正装置が親知らず以外に着いています

 

 

 

 

 

8_0004224.jpg 術前です。

おやしらずの歯冠部が少し見えています。

 

 

8_0005224.jpg 歯肉を切開して骨膜ごと剥離します。

 

 

8_0006224.jpg 歯冠を分割したところ。

歯髄(歯の神経)が見えています。

 

8_0007224.jpg 根も抜けました。抜歯完了です。

 

 

8_0008224.jpg 縫合しました。

 

 

8_0009224.jpg 抜いた歯です。

患者さんがまだ若年者であったため、周囲の骨は固くありませんでした。

そのため根が2本で湾曲していても折れることなく抜けました。

もちろん丁寧な抜歯操作をしないと根の先端は折れていたでしょう。

 

報道をみていると安全なインプラント手術を受けていただくために、歯科医院選びも大切になってきているようです。

口腔外科を得意とするドクターか歯周病専門医などを選択するのが良いのではないでしょうか。

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

抜いたほうが良い親知らず

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

横を向いて生えてきた親知らずは様々な問題を起こすことがあります。 201110191310000.jpg

赤矢印のところに食べかすなどが溜まりやすく、臭いが気になったり、まっすぐ生えている手前の歯の後ろの面(おやしらずと接している部分)に虫歯を作ってしまったりします。

今回のレントゲン画像では青矢印のところに感染を起こしてしまい、腫れてしまったこともあるようです。

201110191310001.jpg 写真は抜いた歯です。

横向きの親知らずは歯冠と歯根を分割して抜いてくる必要があります。

 

 

 

横を向いている親知らずを抜くのは難しい抜歯術になります。

一般的な歯科医院ですと、大学病院口腔外科などへの紹介になることもありますが、当院では深い完全埋伏歯などでなければ抜歯の対応も可能です。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

横向き親知らず手前の歯のトラブル 虫歯症例

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

14000_0009000.jpg

このように横を向いたおやしらずは歯ブラシしにくいため、プラークが溜まりやすくなります。

腫れたり虫歯になりやすくなります。

手前の歯が虫歯になってしまっています(赤矢印)

 

 

 

14000_0010000.jpg 

抜歯して傷が落ち着いたら、虫歯治療を行いました。

 

 

 

 

深さがあり、後ろ側の歯肉の中まで進行している虫歯でしたので、樹脂などでちょっとつめる(レジン充填)ですと完全な治療が難しく、今回は金属による修復(保険適応)を行いました。

金属の色が気になる方はハイブリッドセラミックなどが良いでしょう(保険外)

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

上のおやしらずをミラーに映してみました

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

0013208.jpg 

「7」は第二大臼歯、「8」及び矢印が親知らずですね。

頬粘膜をグッとよけて鏡に映しています。

歯ブラシのほとんど届かないところで、虫歯になってしまっています。

下の生え方の良くないおやしらずも抜く必要がありますが、このようなケースも抜歯したほうが良いです。

歯ブラシが届かないところは削る機械も入りにくいです。

そのような部位に保存的な虫歯の治療をしても予後不良になることが多いです。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

パノラマレントゲンと親知らずの経過

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

当院ではパノラマレントゲン写真を初診時や時間の開いた再来院時には撮影させていただきます。

パノラマレントゲンは、歯周病の診断(もちろん虫歯にも)の他おやしらずや顎骨まで検査できます。

オルソパントモとかパントモなどとも言います。

OP_0006000.jpg4年前、19歳の方です。

矢印以外の親知らずが違和感などで抜歯しました。

OP_0007000.jpg今年の画像です。

左下の横を向いた親知らずにも違和感があるなどで、再来院されました。

左下の横向きの親知らずが動いてさらに手前の歯に食い込んできました。親知らずの根も長く太く、しっかりしてきました。

今回はこの左下の親知らずも抜歯することになりました。

 

 

maihuku_0009232.jpg

左の写真は術中のものです。

クリックすると拡大しますが、苦手な方はご遠慮ください。

 

 

maihuku_0010232.jpgのサムネール画像

通法に従い、歯冠と歯根を分割し抜歯しました。 

水平埋伏智歯の抜歯です。

 

 

 

 

 以下のような理由により、生え方の異常な親知らずは抜いた方が良い場合が多いです。

1 食べ物のカスなどがたまりやすくむし歯になりやすい。
2 歯ブラシが届きづらく、むし歯や口臭の原因になりやすい。
3 隣の歯を押したりして歯並びを乱したり、かみ合わせが悪くなる可能性がある。
4 親知らずが原因で歯肉炎を起こすことがある。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

半埋伏のおやしらず

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

 

下の写真には第二大臼歯が写っています。

 

_0001232.jpg

その後方には親知らずが埋まっています。骨の下までは埋まっていません。粘膜で覆われている半埋伏という状態です。

 

_0004000.jpg

この第二大臼歯の後ろの歯周ポケットから感染を起こし度々腫れたり、違和感を感じたりされています。この横向きの親知らずは抜歯適応ですが、患者さんの都合などもありすぐには抜歯が行えませんでした。

_0005000.jpg

当院で歯周病治療とメインテナンスを行いながら経過観察を行ってきましたが、潜っている親知らずにも関わらず、中で虫歯が進行してきてしまいました。

変わらず腫れたりする智歯周囲炎の症状もありましたので、抜歯となりました。

 

埋伏している親知らずは抜かなくて良いものもありますが、この症例のように抜歯が必要なものもあります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

横を向いた親知らずの治療 2

横を向いて埋まっている親知らずを水平埋伏智歯といいます。

「すいへいまいふくちし」と読みます。

 

横を向いている親知らずを抜歯しました。

頭が少し見えているので、水平半埋伏智歯といった状態です。

 

術前レントゲン hrt_0007000.jpg

 

歯冠を分割して抜いた歯 hrt_0008223.jpg

 

抜歯直後の傷口 hrt_0009224.jpg

 少し歯肉を切開し引っかかっている歯の頭の部分を削り分割し抜いています。

傷口は2針縫っています。

 

異常な生え方をした親知らずの問題点として、

1.食べ物のカスなどがたまりやすくむし歯になりやすい。

2.歯ブラシが届きづらく、むし歯や口臭の原因になりやすい。

3.隣の歯を押したりして歯並びを乱したり、かみ合わせが悪くなる可能性がある。

4.親知らずが原因で歯肉炎を起こすことがある。

などのことがありますので、時期をみて抜歯をお勧めします。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

横を向いた親知らずの治療 1

できるだけ歯は抜かずに残すのが良いとされていますが、親知らずに関してはなかなか残すようにできないことが多くあります。

0_0003232.jpg

 

写真のように斜めに生えてきて手前の歯に引っかかって止まっています。

この患者さんはおやしらずが痛いと来院されました。

この歯にほとんどブラシが当たらないために、虫歯になってしまっています。

虫歯はそれほど深くないので痛みの原因は虫歯ではありません。

 

では何が痛みの原因でしょうか?

 

智歯周囲炎といって親知らずの周囲に炎症を起こしてしまっている状態です。

このように生えかけになったままですと、親知らずが突き破ってきた歯肉の隙間から顎のほうにまで感染をおこしてしまうのです。

症状は疲れたときに違和感があるなどの軽いものから、炎症が強く熱もあり食事もできないという重度のものまであります。

消毒や服薬(場合によっては我慢している)によって一時は軽快しますが、原因が生えかけの親知らずにありますので、再度炎症を起こします。

消毒や服薬による対処療法のみならず、強い症状になる前に適切な治療が必要です。

特に女性は妊娠中に智歯周囲炎になると、投薬や抜歯に不安があるかと思いますので早めの治療をお勧めします。

また加齢によっても歯の根が癒着といって抜きにくくなる場合もありますので、30歳台までうちに抜歯をすることをお勧めします。(40歳になると抜けないということではありませんのでご安心ください)

0_0010232.jpg

 

   抜歯後10日後の写真 (糸を取って3日程)

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ