大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

歯周病は年齢に関わらず発生します

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

o_0002225.jpg

年齢30代の方の初診時です。

歯の裏側に歯石が多く付着しています。

 

 

 

 

 

 

 

o_0003225.jpg 

プロービング(歯周ポケットの検査)を行うと、歯肉の炎症が強いため、ポケットからの出血が多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

いわゆるクリーニングは表面に見えている歯石の除去です。(歯肉縁上の歯石除去)

クリーニングだけですと、歯周病治療には不足しています。

このような歯周病の治療にはポケット内の歯石除去とブラッシング指導が必要です。(SRPとTBI)

o_0013236.jpg 

歯周病治療を行いました。

写真は数カ月後、メンテナンス時のものです。

非常に綺麗になっており、再度スケーリングしましたが、その際の出血もほとんどありません。

 

 

 

 

 

歯ぐきから血が出る。浮いた感じがする。しみる。口のなかが粘つく。口臭が気になる。

などは歯周病の症状ですので、治療が必要です。

また、歯科医院で歯石を取っても歯周病が治らないというのは、歯肉縁下の処置と適切なブラシ当てが必要ですので、当院へご相談ください。

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯肉の腫瘤、エプーリスの治療

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

歯肉の炎症のなかで、良性の線維性組織の増殖あるいは肉芽腫状のものをエプーリスといいます。

e_0012203.jpg

 

犬歯と第一小臼歯の間の歯肉にエプーリスがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

e_0013203.jpg

 

浸潤麻酔の後、CO2レーザーにて切除しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

e_0017203.jpg

 

術後10日の写真です。

綺麗に治癒しています。もう歯間ブラシを使用しても問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

術直後の写真は痛そうに見えますが、Co2レーザーを使用してこのような処置をした場合それほどの痛みはありません。

歯周病・口腔粘膜疾患などでお困りの際は当院へご相談ください。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

前歯の歯周外科手術

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

歯周病治療は外科手術によって行うことがあります。

歯周外科には歯肉切除(Gエクト)や歯肉剥離掻把術(フラップオペ)などがあります。

今回は上顎前歯にフラップ手術を行った症例です。

66_0003209.jpgのサムネール画像 

外側に若干傾いてしまっている(唇側傾斜)左上の中切歯は青印のところのポケットが深いです。

 

 

 

 

 

 

 

66_0011209.jpg (術中画像はクリックで拡大します)

唇側傾斜のため骨吸収が大きいようです。

麻酔下に歯肉を切開剥離し、SRPでは取りきれなかった縁下歯石を除去し根面の滑沢化を行います。

 

66_0014209.jpgのサムネール画像 

縫合し手術を終了します。

 

 

 

 

 

 

 

原則的に歯周外科に先立ち、ブラッシング・歯石除去・SRPなどの歯周基本治療を行います。

そのうえで治癒しきれない部位に対して外科的治療が行われる場合があります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

クリーニングでは歯周病は治せません

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

歯周病治療の基本は歯石除去と適切なブラッシングです。

昔とは違い、どこの歯科医院でも「おそうじ」「クリーニング」は予防処置や歯周病対策として行っていると思います。ただ残念なことに「おそうじ」「クリーニング」では歯周病治療として効果が出ていないことがほとんどです。

当院では、表面の歯石除去だけではなく歯周ポケット内の歯石除去や根の面をきれいにするSRP(スケーリング・ルートプレーニング)を行い、歯茎の炎症を抑え引き締めるブラッシング指導の時間も充分にとります。

症例写真はクリックで拡大できます

tj_0002225.jpg 歯の揺れと口臭を主訴に来院されました。

 

ポケットも深く、歯肉はジュクジュクしており出血も多いです。

 

 

tz_0027234.jpg治療後

患者さんの協力も最大限得られ、非常に良い歯肉になりました。

歯肉が引き締まることで、動揺も減りました。

 

 

 

まれに、「歯磨きなしで治すことはできませんか?」と言われる方もいらっしゃいますが、歯周病は生活習慣病ですので、患者さんの協力なしでは残念ながらここまで治すことは難しいでしょう。

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周・歯内病変の処置

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント治療、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

歯の根の先端に膿が溜まっていたり、炎症を起こしている状態を、根尖病巣といいます。

これが歯周ポケットと繋がってしまっている状態が、歯周・歯内病変(エンド・ペリオ病変)と言います。

この病変に至ってしまう原因が根尖病巣由来、歯周病由来と両方のパターンがあります。

今回の症例は根管充填の不備がありますので、根尖病巣由来が考えられます。

_0010000.jpgのサムネール画像

黄色い矢印のように、根尖病巣が黒い影になって写っています。

深いポケットは頬側の一部ですので、このレントゲン像ではわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

このため、まず再根管治療を行ったのち、歯周病のフラップ手術を行いました。 

 

_0031231.jpg ←フラップオペ中の画像です。

クリックすると拡大して見ることができます。

苦手な人はクリックしないでください。

写真中の矢印のようにポケットの部分が大きく骨欠損になっているのがわかります。

術後傷が落ち着いてから、冠を入れました。術前に感じていた違和感もなく噛めるようになったそうです。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

厚い歯石と歯周病治療

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント治療、やはぎ歯科クリニック院長矢作です。

g6_0002217.jpg 

下顎舌側に多量に歯石が付着しています。

周りの歯茎の腫れが強く紫色がかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

g6_0011226.jpg 

歯石を除去しているところです。

表面の汚れのみならず、歯周ポケット内の歯石も取っていきます。

歯肉の炎症が強いため、出血が多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

g6_0012226.jpg

上の写真と同日、出血を洗浄したところです。

まだ、周囲歯肉の腫れは治っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

g6_0015236.jpg 

術後約1か月後の画像です。 

ポケット内の歯石除去と歯根表面を滑沢にするSRPをし、適切なブラシ当てを実行していただくと、ここまできれいに歯ぐきは引き締まって治ります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯石除去とブラッシング

豊島区・文京区の歯周病治療・インプラント治療やはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

歯周病は的確な歯石除去とブラッシングで治すことができます。

今回の症例は骨吸収がそれほどないですが、意外と歯周炎の症状が強いものでした。

444444_0001217.jpg 

術前

歯と歯の間の根元部分が歯石と腫れた歯肉で埋まってしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

444444_0011236.jpg 

歯石除去から約3週間後です。

歯石を取ってからしばらく時間がたったため、わずかに再付着してきましたが、歯肉はきれいに引き締まったままです。

下の前歯の内側は非常に歯石になりやすい場所でまた付いてきてしまったのですが、それでも歯肉炎が治っているのは衛生士さんの指導によって適切なブラシ当てをマスターしていただいたからではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

歯周病は生活習慣病ですから、歯周病治療や予防において患者さんのセルフケアが非常に大事です。

定期健診も大切ですが、日々のブラッシングも欠かせないのです。当院ではブラッシング指導に力を入れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

8020達成!おめでとうございます

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

みなさん「8020運動」を知っていますか?

80歳で20本の歯を保とうという、歯科医師会や厚生労働省などによる運動です。

 

当院が開院したのが2005年7月1日です。

その日に初診でお越しいただいた方のお一人の写真です。

san_001.jpg 

正面観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方(男性)おいくつでしょうか?

まあ、ブログのタイトルからわかってしまいますが、最近80歳になられました。

 

san_002.jpg 

2005年の初診時から歯周病治療および予防で定期的に通院(メインテナンス)させていただいています。

さすがに何本かの歯は長期の使用により楔状欠損(根元がすり減ってくる)があり、コンポジットレジン充填していたりもありますが、実はこの方は親知らず上下左右の4本含めすべての歯(32本!)が良い状態で残っており、「8032」といったところでしょうか? 

 

虫歯の治療はもとより、予防や歯周病治療がご自身の歯を長く使っていくために大切なのかがわかりますね。もちろん毎日の歯ブラシも大切ですね。                             

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

フラップ手術を行って安定しました。

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

 

第二大臼歯とおやしらずの間の歯肉が腫れ、膿をもってしまいました。

1222_0020224.jpg 

2本とも修復物や冠の金属に不適合もあります。

画像のように、外側の歯茎が大きく腫れています。

歯周ポケットも1センチ近くまでと非常に深くなってしまっています。

 

 

 

 

1222_0021224.jpg

まず、当院にある炭酸ガスレーザーで、急性症状の改善を行います。

 

 

 

 

 

 

1222_0023224.jpg 

CO2レーザー後1週間

腫れは少なくなってきましたが、治っている状態とは言えません。

 

 

 

1222_0025224.jpg

歯周基本治療を行い、フラップオペを行い徹底的に患部の掻把と歯根面を整えました。

また、適合不良な金属も治療を行っていきます。

もちろんここまで治ってくるためには患者さんによるブラシ当ても欠かせません。

 

 

術前後のレントゲン写真です。(クリックで拡大できます)

3333_0013000.jpg

赤い矢印の先の骨が安定しているのがわかります。 

ポケットは約3ミリまで減少しました。

 

歯周病は長い期間の生活習慣病とも言えるため、どうしてもここまで治癒させるためには様々な治療を組み合わせていく必要があります。

しかし、患者さんにご協力いただければ、抜歯にせずに治していくことも可能になってきます。 

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周治療におけるメンテナンスの重要性

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

 

当院で4年ほど前に中等度歯周病の全顎的治療を行った患者さんです。

1年ほどは半年に一回のメンテナンスに来院していただきましたが、転居によりその後のメンテナンスは他医院にて簡単なPMTCのみだったようです。

PMTCとは機械的歯面清掃といいます。表面の茶渋やヤニ取りにしか過ぎません。

 

今回は「下の奥歯が腫れっぽい、噛んだときに痛い」と当院に来院されましたのでレントゲン撮影を行いました。

65_0009000.jpg 

4年前

 

骨のラインがわかり易い様オレンジのラインを入れてあります。

65_0010000.jpg

 

今回

 

一番後ろの歯(画像では一番左)は初診時に当院で虫歯治療しました。

 

残念なことに骨吸収が始まってしまっています。これによってポケットが深くなったため急性発作が起きやすくなってしまったのと、揺れが生じてきたためかみ合わせで違和感を感じたのです。

メンテナンスは簡単にPMTCをして終わりにせずに、確実にブラッシング指導を行い、ポケットの深いところなどの患者さんごとの問題点を把握しそのようなところにはそのつどスケーリングやSRPなどの適切な処置を行っていく必要があります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

前歯連結冠の不具合

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

前歯のかぶせている歯の違和感があるとのことです。

hq_0012236.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

決して歯が揺れているわけではないのに、なぜか連結されています。

hq_0013236.jpg 

裏から見た写真です。

連結冠で清掃不良を生じ、歯肉の炎症症状が強くなっています。出血が起こるのはそのためです。

 

 

 

 

hq_0016236.jpg

 

レジン前装冠を外しました。

特に矢印の歯の周囲の歯茎が赤く炎症を起こしているのがわかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

今後歯の中の治療はもちろんのこと、歯肉も治して新しくかぶせるようになります。

このとき保険適応のレジン前装冠ではなく、セラミックの方がプラークが付きにくいというメリットがあります。また、連結にしないできれいに作るほうが良いでしょう。

このように不適切な修復物や冠によって、歯周病の症状が強く出ることがあります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

中等度の歯周病治療

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

SRP(ポケット内までの歯石除去)とブラッシングによって治療しました。

zz.jpg 

術前

歯石も多くあり、歯茎はぶよぶよし出血・排膿もある状態です。

 

 

 

 

zg.jpg 

術後

歯肉はきれいに引き締まりました。

気になる口臭もなくなりました。

 

 

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

レーザー無麻酔膿瘍切開の経過

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

前回のブログ症例の3日経過後の治癒してきている状態をご確認ください。

(前回記事)http://www.yahagi-dc.com/2010/12/post-118.html

_0014207.jpg 

 

(今回写真)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

術中はもちろん術後の痛みを感じずに数日でここまで治癒してくるのは、CO2レーザーにて処置を行ったためと考えます。

もちろん急性症状を落ち着かせた(対処療法)後は歯周病の原因療法(SRP、ブラッシング)が必要となりますが、この急性期の治療をCO2レーザーで患者さん・術者共楽に行うことができます。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

レーザーを使って無麻酔で膿瘍切開

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

歯周病が急性発作を起こして膿が溜まっています。

この膿が溜まった状態を膿瘍と言います。

通常、麻酔を少し効かせてメスで切開して膿を出す治療を行います。

今回は無麻酔で、CO2レーザーを用いて膿瘍切開を行いました。

_0011207.jpg 

術前

歯肉がプクッとふくらんでいる部分が膿瘍です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_0012207.jpg 

まず出力弱めで蒸散していきます。

膿瘍になっている部分の歯肉は薄くなっていて、その直下に膿があります。もう少し蒸散していくと排濃(膿が出てくる)します。

 

 

 

 

 

 

 

_0013207.jpg  

蒸散しながらある程度膿が出たら、少し出力を上げもう少し深いところも切開します。

膿とともに少々出血があります。

ちょっとチクッとすることがあります。

今回は無麻酔ですので、この深いところまでの切開は痛みが出るか出ないかくらいのところまでとします。

 

 

 

 

 

当院にあるCO2レーザーを用いると、症例や術式を選べば無麻酔にて膿瘍切開を行うことができます。

もちろん急性症状の改善後はポケット内のスケーリング(縁下歯石除去)とブラッシングが必要です。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周病は生活習慣病です!

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

さて、前日のブログにてスケーリング(歯石除去)について見てもらいましたがここからが本番です。

歯石除去だけでは歯茎の炎症は治らないのです。

 術前                       

bts_0001218.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 歯石を一部取ってみます             

 

bts_0002217.jpg 

黒い縁下歯石(ポケット内の歯石)が透けて見えます

歯肉炎で歯茎がただれてしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 衛生士さんの腕の見せ所です!!     

 

bts_0008233.jpgしっかりSRP(歯肉縁下歯石の除去)も行いました。

何より、患者さんが衛生士さんのお話を良く聞いていただき、ご自宅でよくブラシをしてもらえたため治ってきたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のケースでは所謂クリーニングだけでは治ることはなかったでしょう。

ポケット内の歯石もきちんと取り除いたこと、患者さんには歯ブラシを改めていただいたこと(生活習慣の改善ですね)によって治ってきたのです。

おつかれさまでした。

ブラシや生活習慣が元に戻ってしまうと再度歯肉が炎症を起こし、歯周病が進行し始めますので意識して続けていてくださいね。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

スケーリング

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

スケーリングとは歯石を取る治療のことです。

歯周基本治療のうちの一つです。超音波スケーラー、キュレットなどを使います。

     前                                         後

mae_0006209.jpg

ato_0012233.jpg                                                

一緒にステイン(茶渋などによる着色)も落としました。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

縁下歯石

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

 

見えるところにだけ付いている歯石を落としても完全な歯周病治療にはなりません。この部分の歯石を歯肉縁上歯石といいます。

歯周病治療で重要になってくるのが、歯肉縁下の歯石除去です。

昔ながらの家の縁の下とは違いますが、似ている部分もあります。

縁の下の柱がシロアリなどで侵されてしまうと、家が崩れてしまいます。

歯肉縁下の根に歯石がどんどん付いてきてしまうと炎症が強くなり、歯周病が進行し抜歯に至る場合があります。

(似ているような・・・似ていないような・・・)

今回写真でお見せする症例は、この縁下歯石の除去を最大限行いましたが、抜歯に至ったケースです。

enka_0015234.jpg左上第二大臼歯(一番後方金属の歯)です。

初診時のレントゲン画像診断や検査にて保存が厳しい状態ではありましたが、急性症状は大きくありませんでしたので、縁下歯石の除去(SRP)まで行いました。

全顎的に歯周基本治療を行い、ブラシを適切に使って頂いたため、他の部位は非常に良くなりました。しかし、同部位は噛んだときなどの違和感や揺れによる噛みにくさは消失しませんでした。

このため、抜歯を行うことになりました。

enka_0016233.jpg抜歯した歯。根の先端半分は黒い歯石で覆われています。

SRP(縁下歯石の除去)にはキュレットやスケーラーという器具を使います。

器具の入る部分の歯石はきれいに取れ根面が滑沢になっていますが、ポケットが深すぎたため、器具の届かない根の先端半分は黒い縁下歯石が残ってしまっています。

enka_0019234.jpg少し角度を変え、見やすいように赤線で画像加工しました。

enka_0020234.jpg遠心(歯の後ろ側)から見たところ。同じく赤線で画像加工済。

近心(歯の前側)にはほとんど付いていませんでしたので、器具の届かないところは後ろ側と深いポケットというのがわかります。

残念ながら、歯周病治療を専門的に取り入れていない歯科医院ではこの縁下歯石の除去をしっかり行えていないようです。

腫れているところをサッと消毒して薬を出して、噛むと痛いので削ってかみ合わせの調整・・・というのは応急処置に過ぎません。

また、うがい薬(外用薬)や内服薬だけでは決して歯周病は治らないのがお判り頂けたでしょうか?

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

若年者の歯周病

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

若い方でも、歯ぐきから血が出る・口臭が気になるといった症状で来院されることがあります。

0003216.JPG

歯頚部には全体的に歯石を認め、歯肉の炎症があり出血もあります。

健康な歯肉は炎症が無く引き締まっており、出血はありません。

0003217.jpg

表面だけでなく炎症を起こした歯肉の中の歯石も除去し、ブラッシングにて歯肉炎が治って引き締まってきました。この写真では若干オーバーブラッシングだったように見えます。裏側でブラシ当て難かったためでしょうか。

 

歯周病は生活習慣病です。年齢のせいではありません。

表面のクリーニングだけでは、歯周病は改善されませんので適切な治療と歯科衛生指導が重要です。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

レーザーを用いた歯周病治療

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

歯周病治療にCo2レーザーを使うことがあります。主に急性症状を改善させるためです。

麻酔を使ってレーザー処置をすることもありますが、今回のケースでは麻酔はしていません。

50_0008231.jpg

下顎前歯の舌側に急性炎症を起こし、腫れている歯ぐきがあります。

50_0009231.jpg

無麻酔でCo2レーザーにて蒸散していきます。

写真では痛そうに見えますが、レーザーでの傷口は同時に人工的な「かさぶた」がすぐできるので、傷の痛みはほとんどありませんし治りも早いです。

50_0011235.jpg

翌日の状態です。綺麗になりはじめました。

急性症状の改善はあくまでも対処療法です。

今後歯周病の進行を止めて長くご自身の歯を使っていただくため、セルフケアと歯肉縁下の歯石除去(SRP・スケーリングルートプレーニング)を行っていく必要があります。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

重度歯周病が原因の膿瘍

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

 

腫れが強くなって膿が溜まってしまっている状態を膿瘍といいます。

 

ga_0001.jpg ga_0002.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢印の歯が原因で丸印のところに膿瘍を作ってしまっています。

ga_0009000.jpg

 

レントゲン像です。原因歯周囲は大きく骨吸収があります。

このため、同歯は揺れています。

 

口腔内の清掃状態も決して悪くなく、今まで大きな虫歯も無かったようです。

今まで他医院で、定期的な表面だけのクリーニングはしていたようです。

 

膿瘍切開で膿を出しましたが、予後不良なため抜歯となりました。

 

 

 

ga201008021751000.jpg

抜歯した歯の根の部分にはたくさんの歯石が付いてしまっています。歯肉縁下歯石といいます。

骨が吸収して、歯周ポケットが深くなっていってしまい、このように表面に見えないところまで黒い歯石が付着します。

歯石は口腔内細菌の集まり(固まり)であるプラークが硬くなってガチガチになってしまっているのです。

 この症例においては局所的に重度に進行していますので、この歯へのかみ合わせの負担が大きかったことも考えられます。

 

 

 

歯周病の治療は患者さんのセルフケアであるブラッシングとこの縁下歯石もしっかり除去し、ある程度時間をかけて歯ぐきを引き締めていく必要があります。表面のクリーニングだけでは進行を止めたり、治すことはできません。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周病急性発作 口蓋膿瘍

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

歯周病は慢性的に進行していく生活習慣病です。

体調不良などで全身的な抵抗力が下がったりすると、炎症が急性化することがあります。

 

症例写真です。

00-1_0002215.jpg上顎大臼歯部の内側(口蓋部)に膿がパンパンに溜まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

  01-1_0011214.jpg

急性症状を軽快させるためCo2レーザーを用い膿瘍切開(膿を出す)とCo2レーザーの治癒促進モードの照射をします。

膿を出したところが真ん中の黒っぽく見えるところで、周囲の白くなったいるところが、治癒促進モードの照射をしたところです。

合わせて抗生剤を服用していただきます。

 

 

 

 

 

02-1_0012216.jpg初診から3日ほどです。膿瘍は小さくなってきました。

 

腫れが小さくなった・痛みが無くなったら終わりではありません。

深い歯周ポケットという原因がありますから、ここまでの対処療法のみでは、容易に腫れが再発してしまいます。

この後、SRP(歯肉縁下の歯石除去)と適切なブラシ当てによってこの部位の歯ぐきを引き締めていくことが大切です。

 

 

 

03-1_0021235.jpg

SRPによる原因療法とブラッシング指導により歯茎がひきしまって治ってきました。

 

当院で歯周病治療をされた患者さんから、「いままでは年数回どこか歯ぐきが腫れていたが、ブラシ当てと定期検診で何年も腫れなくなった」と言っていただくことが度々あります。

 

 

 

 

今回のケースでは歯を抜かずに治療することができました。歯周病は症状が大きく出ず慢性的に重度に進行してくる場合も多くあります。重度に進行してしまった歯は抜かなければいけない場合がありますので、適切な歯周病治療とケアが大切になります。 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

重度歯周病による抜歯

歯周病治療・インプラント治療のやはぎ歯科クリニック、院長矢作です。

成人の抜歯原因として一番多いものが、歯周病によるものです。

実に4割を超えます。虫歯による抜歯が3割そこそこですので、いかに多いかわかります。

 

レントゲンは第二大臼歯(7番目の歯)周囲の骨が大きく溶けてしまっています。

歯が浮いて噛めないと来院されました。(その奥の横を向いているのは親知らずが埋まっています)

honenai.jpg

プロービングにてポケット10ミリ以上で付着の喪失が著しいため抜歯となりました。

honenai1.jpg honenai2.jpg

 

 

 

 

 

歯根の方まで多量の歯石が付いてしまっています。

このように重度歯周病まで進行させないことが、ご自身の歯を長く使っていただくために大切です。

スケーリング・ルートプレーニングや歯周外科による歯周病治療を完全に成功させるには、プラークコントロールが不可欠です。

当院のオリジナルブラッシングシステムは効果的に歯肉を引き締めていくことができます。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

一見きれいそうですが、腫れが強いのです。

0603_0001B1.jpg

若干の歯石を表面に認めますが、決して歯石やプラークが沢山というようには見えません。

歯みがきもよくされているのでしょう。

0603_0001B2.jpg

しかし、プロービングなどで歯肉を少し触っただけで多量の出血があります。

 

0603_001B.jpgしっかりポケット内のSRP(スケーリングルートプレーニング、歯肉縁下の歯石除去)と適切なブラッシングによって治療しました。

治療前

0603_0001L1.jpg                        

 

 

 

 

 

 

治療後

0603_001L.jpg

決して見えるところに歯石が多いわけではありませんので 、いわゆるクリーニング・表面だけの歯石除去では歯周病は治癒しません。

当院では歯石除去はしっかりした歯周病治療と考えます。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周病は生活習慣病のひとつです。

治療前 16_0001225.jpg治療後 16_0012225.jpg

しばらく歯科医院にかかっていなかったということで、歯石・着色が多くあります。

歯を支えている骨は少し吸収してしまっています。

骨の上に歯肉がありますので、骨吸収によって歯肉が下がりはじめています。(中等度歯周病)

 

表面の歯石取り(いわゆるクリーニング)では歯周病を治せません。

歯肉縁下のスケーリングと適切なブラシによるセルフケアが大切です。

重度の場合、フラップオペなどの歯周外科手術が必要になる場合もあります。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周病治療 Before After

歯肉の違和感や出血といった歯周病症状が気になり来院された患者さんです。

表面の歯石除去のみならず、歯周ポケット内の歯石除去(歯肉縁下のスケーリング・ルートプレーニング)とオリジナルブラッシングシステムによってパリッと引き締まった歯肉になりました。

 

下前歯表面 治療前                               治療後

uio2.jpg

ueo2a.jpg

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

裏側 治療前                  

uio1.jpg  

 

治療後

uio1a.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯周病による痛みや違和感が出た場合の治療として多くは「当たって痛い歯のかみ合わせを調整し、消毒」というのがありますが、これは対処療法に過ぎません。

単なるクリーニングをして終わりではなく歯石除去を歯の表面のみならず、歯周ポケット内まで行う必要があります。また、適切なブラシ当てが歯肉炎を改善します。(オリジナルブラッシングシステム)

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯肉炎より少し進行した歯周病

歯肉に炎症があり出血などあるが、骨吸収がないものを歯肉炎といいます。

歯肉炎から症状が進んでいくと、骨吸収が始まり歯周病となっていきます。

症例です。決して重度ではありませんが歯肉の引き締まり具合を確認してください。

術前 mae_0003217.jpg

術後 ato_0013217.jpg

歯周ポケット内の歯石も除去し歯ブラシを適切な方法で使うことにより歯周病を治すことができます。

 

急性炎症が生じたとき消毒や薬でまず応急的に処置をしますが、そこで痛みが引いても治癒はしていません。

原因療法が行われていませんとまた腫れたり、症状が知らぬ間に進行してしまいます。

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

口臭治療  歯周病治療

94be.jpg下の前歯の裏側です。

歯石が壁状に付着しておりブヨブヨの紫色の歯肉です。

 

歯を支えている骨は全顎的に水平吸収が大きくなりはじめていますが、幸いまだ揺れている歯はありません。

中等度の歯周病です。

 

 

口臭も気になるそうです。

94go.jpg

 

表面のクリーニングのみならず、歯周ポケット内の歯石除去をし、正しいブラッシングを実行していただきました。

その結果歯肉もパリッと引き締まり、非常に綺麗に治りました。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

厚い歯石の下

初診時奥歯の歯周病による痛みがあり来院された方の下の前歯です。

歯の治療が久しぶりのようで、厚く壁状に歯石が付いてしまっています。

1516_0001225.jpg

一部歯石を取ってみました。歯石のあったところの歯肉は炎症が強く真っ赤です。

1516_0002217.jpg

 

炎症が強いのですぐに多量に出血してきました。  1516_0003217.jpgこのように歯石が多くなるとその分炎症も強くなり歯周病が重度に進行していってしまいます。

これを防ぐためには、治療・予防・セルフケアが大切です。

1516_0010226.jpgのサムネール画像

 

 

固まりで取れた歯石

 

 

 

 

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周病進行を早めてしまったブリッジ

2本欠損ですが支える歯も2本です。

a_0007000.jpg

奥の支えになっている歯は歯周病と力負け(咬合性外傷)によって骨の支えを完全に失っています。

もしこの奥歯が金属で連結されていないと、浮いてきて噛めないか自然に抜け落ちているでしょう。

 

手前の歯も揺れ始めてしまったので、ブリッジのダミー部から切断し抜歯しました。

(手前の歯はしっかり歯周病治療を行い、保存できました)  c_0009216.jpg

b_0008216.jpg

 

 

 

 

抜いた歯の根が黒くなっているのが歯周ポケット内で付着してきた歯石です。

このように歯石が付くのは歯の表面だけではないのです。

この症例では根の周囲は完全に骨が吸収しそこまでポケットになっていて、先端まで歯石が付いています。

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

歯周病治療後メインテナンスでエアフロー

tmt1.jpg歯周病治療前です。歯石も多く紫色のゴツゴツした炎症の強い歯肉です

tmt2.jpg今回一年後のメインテナンス時の写真です。

しばらく歯周病治療から時間が経ったため若干の歯石と喫煙が原因の着色がありますが、「オリジナルブラッシングシステム」を続けていていただいたため歯肉は引き締まっております。

tmt3.jpg

今回は歯石除去の他にエアフローというクリーニング専用の機械を用いて着色(ステイン)を落としました。

tmt4-1.jpg tmt4-2.jpg

    綺麗になりました。

エアフローを用いると通常の研磨剤を使うときより隅々までステインを落とせますし、歯の表面がよりツルツルになるのでその後の再付着も少ない印象があります。

 

                                                                                       

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ

 

重なっていますと(歯並び)

asd1.jpg

 

顎のアーチが小さく歯が重なって生えています。

(叢生といいます)

 

 

 

 

 

 

qwe2.jpg

 

 

同じ部位を裏側から見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

磨きにくさもあってプラーク(歯垢)・歯石が多く歯肉の炎症症状が非常に強いです。

そのため、少し歯肉を触っただけで多量の出血です。

asd2.jpg            

qwe1.jpg           

このような場合いきなり歯並びの改善の治療とはなりません。まず歯肉炎の改善(歯周病治療)です。                                                                                                                                                                                                                                  

大塚 歯医者 やはぎ歯科クリニック 歯周病治療 インプラント

ページのトップへ