インプラント治療 - 大塚/千石 歯医者 やはぎ歯科クリニック

インプラント

失った歯を取りもどす際に、自然歯に近い感覚を得られる、メリットの大きい治療。

インプラント

インプラント治療とは?

歯が欠損すると従来までは入れ歯にするか、健康な歯を削ってブリッジにするという方法しか選択できませんでした。
しかし、これらの方法は、残っている天然の歯に負担をかけることにもなります。特に脱着式の入れ歯は、安定感もわるく機能面や外観においても満足できないものがありました。
インプラント治療は、これらの問題を解決するために開発された最先端の歯科医療技術で、すでに30年以上の臨床実績があります。

これまでの治療インプラント治療
ブリッジ
▲周りの健康な歯を削ってブリッジにします。◎健康な歯を全く削らずに歯のない部分にインプラントを入れます。
着床タイプ
▲入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。◎針金付きの入れ歯ではないので、見た目にもきれいです。
総入れ歯
▲入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。◎しっかり固定されているので、入れ歯のような不快感はなくなります。

インプラントの構造


▼画像をクリックすると拡大します

インプラントは歯が欠損してしまっているところに、チタン製の根(フィクスチャー)を埋入し、その上に冠による上部構造を作ります。上部構造をマグネットとし、義歯の支えにすることもあります。

利点は両隣の歯を削るブリッジにしなくて良い義歯(とくに初めての方ですと非常に違和感が強いです)にしなくて良い。すなわちご自身の残りの歯も長持ちさせ、義歯などにくらべ違和感なく使っていただけるということです。

欠点は義歯に比べ治療期間が長くなること、本数によっては高額になる、義歯にくらべブラッシングなどにはさらに気をつけてもらう必要があるなどです。

 

症例①

両奥に部分入れ歯を使用していましたが、インプラントにより違和感なくかつ強く噛めるようになりました。

症例②

右下 6 番単独欠損ですが、中等度歯周病(水平的骨吸収あり)のため、ブリッジでの治療ですと隣接歯の寿命を極端に縮めてしまう可能性があります。

ページのトップへ

最新のインプラント症例ブログで更新中

最新のインプラント症例はブログにも公開しています。是非そちらもご覧ください。

最新のインプラント症例を見る

ページのトップへ

インプラント治療の流れ

1.診査診断

レントゲンや必要があれば CT 撮影、模型作成を行うこともあります。

2.一次手術

顎の骨の中にインプラントを埋入します。

3.二次手術

一次手術で入れたインプラントの頭出しをします(不要な場合もあります)

 

 

▼二次手術前

▼二次手術後

4.最終補綴

周囲歯肉が回復してきたら被せものの型取りをします。

一次手術後、 1 ~数ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します。(骨の条件が厳しい場合半年待つこともあります)この期間、仮歯を使用できる場合もあります。

ページのトップへ

インプラントとアンチエイジング

噛み心地のよくないブリッジや使いにくい入れ歯ですと、噛むための筋肉が衰えてきて頬が下がっていわゆる老け顔になります。インプラントにすることによって頬の筋肉をよく使うようになり、お顔がふっくらとして若々しくなります。入れ歯より噛む力が増しますので、良く噛め食物の消化を助け栄養が十分にお体に行き渡ります。

また入れ歯ですと外すことにより「ほうれい線」が目だってしまいますが、インプラントですと「ほうれい線」が薄くなります。

ページのトップへ

インプラントよくある質問

手術時間、痛み腫れについて

処置時間はだいたい 1 ~数本ですと 1 時間前後です。手術は麻酔をしてから行いますので、手術中の痛みは心配ありません。ただし、麻酔がきれてからは傷口の痛みがまったく無い訳ではありません。手術後 1 ~ 2 日腫れや痛みがでる場合がありますが、傷口の治癒とともに痛みや腫れはしだいに治まります。 お渡しする痛み止めで症状は楽になります。

治療期間

一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、 1 ~数ヶ月かかります。その後、人工の歯(被せ)を型取り、装着となります。(骨の条件が厳しい場合半年待つこともあります)

手術後の注意

1 ~ 2 日腫れている間は食事がしづらくなります。また、感染しやすい期間でもあり、食事は食べやすく刺激の少ないものにしていただきます。当日あるいは翌日くらいまで血がにじむことがありますが、心配はいりません。うがいは控えていただきます。は指示通りにきちんと服用し、ブラッシングは当日はやめ、その後は先生の指示に従って下さい。

インプラントの本数について

欠損が 1 歯または 2 歯の場合には 1 本または 2 本のインプラントとなりますが、欠損が 3 歯以上の複数の場合必ずしも歯数分のインプラント本数が必要になるとは限りません。(顎の骨の状態によっては、入れる事ができない場合もあります。)

歯周病でもインプラントができますか

歯周病にかかっている方はお口の中の衛生状態が良くない場合が多く、そのままではインプラントを入れる事ができません。歯周病治療を並行しながら、あるいは歯周病治療を終了させてからインプラント手術を行います。

費用

インプラント治療は保険外診療です。使用するインプラントの本数や上に装着する被せ物の種類、症例の難易度によっても費用は異なります。事前に先生とよく相談して下さい。

ページのトップへ